機能追加
  • ベンチマークを開始する前に5秒待つオプションを追加した。(-W)
  • より quiet な表示を行えるようにした。(-qq)
その他
  • 表示の細かい変更

Read the rest of this entry

手元の Subversion なレポジトリのうち、オープンソースであるようなものを git に変換し、さらに GitHub に載せました。ただし、マスターは依然として手元にあるものとして扱います。

対象は imck, mdsplayer, utplayer, utvideo, vctest, vclist, kotoribot, kancolle-dic です。

GitHub に載せた直接的な理由は、utvideo の fork らしきものが6個あるからです。 utvideo で検索 / libutvideo で検索

あと、git なので手元にあるレポジトリと GitHub にあるレポジトリとは完全に同じものになるはずで、HDD の障害などでレポジトリを失う可能性を低くすることができます。

その1 その2 の続き。

今のバージョンの vctest は VCM コーデック(だけ)を対象にしています。

Read the rest of this entry

その1の続き。

1フレームごとに時間を計測しようとするからマイクロ秒精度のタイマーが必要になってダメなんじゃないか、というのはある程度はその通りで、映像ファイル全体を処理する CPU 時間を計測する(もちろんフレームごとの CPU 使用率は計測できない)ことにすれば計測精度に関しては「だいぶマシ」になりますが、これにも問題がたくさんあります。

Read the rest of this entry

まずは一般論から。

このコメントで vctest に CPU 使用率を計測する機能を追加してほしいと言われています。

処理の経過時間は既に計測できているので CPU 時間(使用量)を計測できれば割り算するだけですが、世の中そんなに簡単ではありません。

Read the rest of this entry

機能追加
  • キーフレーム間隔を指定するオプションを追加した。(-k)
  • コーデックステートを指定するオプションを追加した。(-s)
  • エンコードのテストのみを行うオプションを追加した。(-e)
  • バッファを高いアドレス(x86では0x10000以上、x64では0x100000000以上)に確保するオプションを追加した。(-H)
  • 複数ファイルに対してバッチでテストできるようにした。

Read the rest of this entry

何を変更したかは定かではない。

Read the rest of this entry

  • -a オプションを使うとロスレスチェックが行われる状態になっていたのを修正。

配布ファイル (zip)

Read the rest of this entry

  • -c オプションの有無にかかわらず、常にロスレスチェックが行われる状態になっていたのを修正。

配布ファイル (zip)

Read the rest of this entry

  • プロセスアフィニティマスクを指定できるようにした。
  • フレームごとの情報を出力しないオプションを追加した。
  • getopt() を NetBSD から移植して使うようにした。

配布ファイル (zip)

Read the rest of this entry