Windows Defender が Ut Video Codec Suite のインストーラをマルウェア扱いしてブロックするようです。Microsoft Security Essentials はブロックしないようです。他のウイルス対策ソフトも反応しないようです(VirusTotal調べ)。

Read the rest of this entry

今のところ、ユニットテストは映像の内容そのものではなく、せいぜいフォーマットのネゴシエーションぐらいまでしか行っていないのですが、いい加減エンコード/デコードそのもののテストに取り掛からないといけないと感じています。

Read the rest of this entry

バグ修正
  • 「インターレース映像としてエンコード」オプションを有効にするとエンコーダがクラッシュしていた。
その他
  • Windows の QuickTime 版のコーデックを削除した。

Read the rest of this entry

AEオフ2016 で、「Ut Video Codec Suite のご紹介」として LT をやってきました。ご紹介というか宣伝というか。

発表資料はこちら (pptx)

ところで、発表時間が足りなくてスキップしたスライドの中に「可逆圧縮コーデックのシェアウェアに市場性はあるか」というページがあるんですが、2次会で周りに意見を聞いてみたところ、おおむね「ダメなんじゃね?」という反応でした。むーん。一家言ある方はコメントお願いします。

Ut Video Codec Suite の既存の問題や新機能の計画を GitHub の issue として公開するようにしました。

質問とかも GitHub の issue として書いても構いません(もちろん日本語だけで問題ありません)。また、これまで通り blog のコメントとして書いても構いません。

QuickTime for Windows が EOL になったこともあり Premiere Plugin 版のコーデックを作らないとなぁと思っています(いました)。

なのでプラグイン SDK のドキュメントを読んでいたのですが、どうもコーデックだけを書くことができないように見えます。ファイルを与えて映像や音声のストリームを取り出すもの(インポーター)や、映像や音声のストリームを与えてファイルを作るもの(エクスポーター)は作れるようですが、これらはコンテナフォーマットをプラグイン自身で扱うことになります。私はコンテナフォーマットに興味は無い…というか、もしこのようなプラグインを作ろうとしたらコンテナフォーマットを触るコードを1から書かないと行けなくなります。あり得ません。

ていうかホントにコンテナフォーマットを扱うプラグインと中身のストリームを扱うプラグインとで分離されてないの?それとも資料の解釈間違ってる?

HitFilm という編集ソフトで、Ut Video Codec Suite の映像をタイムラインに置くと、1フレームおきにしか表示されない(表示されないフレームは透明なものになる)という現象があります。結構前に指摘されていたのですが、今さっきようやく確認しました。他のコーデックでエンコードした映像、例えば MagicYUV や Lagarith の場合はこの症状は起きないようです。

とりあえず現状では、Ut Video Codec Suite の DMO インターフェース部分の実装が HitFilm と相性が悪いせいらしい、というところまでしか分かっていません。DMO インターフェースを提供する utv_dmo.dll を削除するとこの現象は起こらないため、DMO ではなく VCM でコーデックを使わせれば回避できそうなのですが、HitFilm にそういうオプションは存在しないようです。

ていうか AVI ファイルを読み込む際に VCM ではなく DMO を使おうとする編集ソフトは初めて見ました。(内部的には DirectShow を使ってるんでしょうか?)

機能追加
  • QuickTime 版を Adobe ソフトウェアで適切に利用できるようになった。

Read the rest of this entry

Apple、QuickTime for Windowsのサポート終了を正式に告知していたことが判明 -INTERNET Watch 「判明」ってのもすごい言い方ですが(^^;

Read the rest of this entry

久しぶりにエゴサーチしてたら英語版 Wikipedia に記事があるのに気付きました。1年前からあるようです。

内容はパッと見る限りドイツ語版のと同じですが、他言語版リンクは設定されてないようです。記事名違うしなぁ。ていうかドイツ語版の記事作った人はなんでこの記事名にしたんだ。