11月4日に Alder Lake こと第12世代 Core i シリーズプロセッサが発売されました。 映像コーデックの視点として、 Alder Lake への最適化には以下の2つの要素が考えられます。

機能追加 ULxx: より高い圧縮比が期待されるモードを追加した。

性能向上 ULxx, UQxx: predict gradient および predict left のマルチスレッド時のデコードを高速化した。 UMxx: マルチスレッド時のデコードを高速化した。

性能向上 all: AVX512-VBMI2 が使える環境での、内部 YUV444/YUV422 のバリアントの RGB24/32 での入出力を高速化した。

性能向上 UMxx: AVX512-VBMI2 が使える環境でのエンコードを高速化した。 UMxx: フレーム間圧縮のデコードを高速化した。 all: AVX512-VBMI2 が使える環境での RGB32/RGBA/Y […]

性能向上 UMxx: AVX512-VBMI2 が使える環境での入出力を高速化した。 その他 サポート環境および推奨環境を更新した。

今は久しぶりに来た「コア数が増えていく時期」です。こういった場合、いくらメモリアクセスをしたりして重い処理をしても、それが L2 キャッシュに収まっている限りはコア数を増やして殴り倒すことが期待できます。 UtVideo […]

性能向上 UQxx: Predict gradient での入出力を高速化した。

機能追加 ULY0, ULH0: NV12 での入出力を追加した。 性能向上 RGB32/RGBA, YUY2/UYVY へのネイティブな内部保持形式からのデコードを若干高速化した。

機能追加 UQxx: Predict gradient フレーム内予測方式を追加した。