性能向上
  • ULRG,ULRA,ULY2,ULH2: SSSE3 命令が使用可能な環境で、ネイティブな色空間からのエンコードを高速化した。
  • ULRG,ULRA,ULY2,ULH2: SSSE3 命令が使用可能な環境で、「圧縮率優先」でエンコードされた映像のネイティブな色空間へのデコードを高速化した。
  • ULY2,ULH2: SSSE3 命令が使用可能な環境で、RGB からのエンコードを高速化した。
  • ULY2,ULH2: SSE4.1 命令が使用可能な環境で、RGB へのデコードを高速化した。

readme 日本語 英語 / バイナリ Windows (exe) Mac OS X (zip) / ソース

なお、最初なので一応言っておきますが、推奨 CPU (現在は Nehalem)より前の CPU (つまり Conroe や Penryn)で速くなっているかどうかは知りません。厳密に言えば Haswell で速くなっているかどうかも(持っていないので)知りませんが、こちらの場合はもし速くなっていない場合は改善する用意があります。

Trackback

4 comments untill now

  1. HEVCエンコデモhttp://xhevc.com/en/downloads/downloadCenter.jsp
    でgraphedtを使用してエンコしてたのですが
    4/20当時の動画では正常につながってHEVC動画を作成できるのですが最新のだとutからHEVCエンコにつなぐのに失敗します
    つながるほうがレアなのでなんともなのですが一応報告しておきます。

  2. 続けてすみません
    バージョン 12.0.1でも無理でした。
    正常にエンコードできる動画は色空間の変換が挟まららないのですが失敗するのは変換が入ってるみたいです。

  3. 自己解決しましたすみません。
    別件でLagarithで854×480でエラーはいたのでもしやと思い試してみたら
    854×480 X
    864×486 X
    1024×576 〇
    1280×720 〇
    ということでHEVCデモは16かな?倍数じゃないとダメだという話でした

  4. 梅澤 威志 @ 2013-07-09 00:14

    なるほど 🙂

    最終配布向けコーデック(H264とかWMVとか)はそういう制限が強めなのが面倒ですよね。

Add your comment now